スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

やまぼうし副理事長 草場清則さん おめでとう!

防水工事 最大20年保証/多摩防水技研 「リムクイック工法」を開発 おめでとう! 実用化 おめでとう!
 NPO法人やまぼうし副理事長の草場清則さんの開発した画期的防水工法がいよいよ本格的な実用段階に
 草場さんは、1970年から苦楽を共にしてきた盟友。やまぼうしの提携企業としても、障害者雇用の機会拡充と今後の社会的企業への進化が期待できる。八王子での新工場建設も進行中です。
【スプレー施工、高強度で伸縮性も】
 多摩防水技研(東京都日野市、草場清則社長)は、通常10年間程度となる防水工事の保証期間を、15年から20年まで保証する「リムクイック工法」を開発、実用化した。同工法は、ポリウレア樹脂をスプレーして施工する。超速硬化し、ひび割れ追従性に優れているのが特徴だ。スプレーが届かない場所は、あらかじめ工場製作したポリウレア防水シート「リムシート」との併用で、短期間での施工を実現している。 リムクイック工法は、高強度で伸縮性が高い材料での防水で、ゆで卵にコーティングすると、ゴルフのドライバーでショットしても卵が砕けない。通常のウレタン防水に比べ...、可塑剤がほとんど含まれないため、経年劣化も格段に少なく、スプレーで施工するとすぐに硬化して施工後約5分で歩けるようになるという。
 施工は、下処理・プライマー塗布の後、QCテープという金属メッシュの膜厚管理用のテープを引いて吹き付けを行い、施工後に0.1mm単位で膜厚を管理する。その後リムコートという保護材(トップコート)を塗布して完了する。
 また、ポリウレア樹脂をシート化したリムシートも開発し、パラペット周辺部や機械基礎部など、吹き付けが難しい部分の収まりはあらかじめ施工部位に合わせた形状のシートで施工できる。高品質で施工スピードも向上させている。同じ材質のボンドを使って、シートと吹き付けの接合部も化学結合で一体化できる。リムシートは屋上やテラスの防水はもとより、浴室などの改修にも適している。
 同社は「ことし東京・八王子に新工場を整備する予定で、さらなる研究開発を進めていく」(草場社長)という。

最新の投稿

全国よい仕事研究交流集会に寄せて

チームリーダー研修会&賃金規定改訂説明会同時開催

ⅮⅤⅮ版 やまぼうし プロモーションビデオ完成しました!

 日野のまちはどこからきて、どこへ向かうのか=GSEF 2018 スペイン・ビルバオ大会 エントリー用レポート

新たな日野市障害者6か年プランへのやまぼうしの提言

新年明けまして おめでとうございます